スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

滑らす

ウィールの進行方向の後ろ側に荷重してそいつを前にずらしてウィールの前側を下に回していく感じにすると滑っていくかなあと。この荷重位置を前にずらすのを、フリーレッグを進行方向の前に振り出してフリーレッグの重さで荷重位置をずらしてもいいしフリーレッグを進行方向後ろで使っても体の形で重心位置をウィールの後ろから前にずらしてもいいし踵やつま先の上げる角度を変えてずらしてもいいし。4輪なら荷重しているウィールの何番目かでやってもいいし骨盤左右の引き方でずらしてもいいし今面白いのは上二つかな。とかとかでウィールの荷重位置ずらして滑らす。ごちゃごちゃやるのだと意識しきれないので結局超基礎なことで癖づけていく感じかなあ。crazy とか nelson とか それこそただ真っ直ぐ滑らせるとかねえ。ごちゃごちゃやってるの。こういうのは応用問題だねえ、基本的なことがあってこその応用問題か、応用問題で気が付くこともあるわけだけど。
最近の投稿

世界一

世界一才能がないと思うなら、世界一考えてやればいい。でもなかなか世界一才能ないとはなれないので世界一とまでは行かなくてもいいけどなるべく考えてやるといいと思う

おニューKSJ

旧型だけどおニューなKSJであります。とりあえず仮組みで。
もう少しWFSC使ってから乗り換えかなー。

1エッジごとに漕いで滑らす

最近にやってるのは、
プッシュして進行方向にウィールを回して荷重位置を少し進行方向に寄せて滑らせだす、これで進みだす
長い距離を乗っていくときには重心をエッジの進行方向にずらしてウィールから落ちないようにする。
エッジの後半は早めに乗っていたのをキャンセルするように、エッジと反対に重心を寄せてやる、これでそのままプッシュしたり、プッシュするためのずれ量に使ったりする。こいつの練習に一輪でエッジかけずに漕いで進むのをやるとよくて、トゥもヒールも前も後ろもやれるようにする。
ちょっと面白いのがベタでもこれをやれるように、左右足とも前後ね。
一輪やってる足はできるけど逆足はマジこれできない、できない足だとエッジかけてやるしかないんだよね、けっこう歴然とした違いが出るのでおもしろいところ。んでまあ、ベタでできるようになってくると4輪で動くときにも使えるわけだ。一輪においては1つのエッジごとに1回プッシュして、インからアウトへ切り替わるときにもプッシュで漕ぎなおす。
言い訳せず愚直に一回一回漕ぎなおす、漕ぎそこなったら負けだし。
フロントの一輪の左右がすごいむずくて苦労した、まだまだだが。

動かして、乗り込むか放り投げるか

最近考えてることはこんなん、わかるわけない(;'∀')
んー、一つのエッジの中で、動かし出すための動作があってその後に、維持して乗ったままにする動作と放り投げる動作の2パターンがあるような。維持して乗ったままにする動作ってのは一輪やワンフットの時に使う動作かな、足を重心から放り投げたら落ちちゃうからね、重心がエッジに追いかけていくようになる。あと片足に乗ってターンするときにも使ってると思う。逆に放り投げる動作ってのはそれをやったあとに反対の足に乗り替わるときに使うか、放り投げて落ちたら反対の足で受け止めてるてきな。適切に放り投げる動作に持っていけば足が離れてようやく放り投げる位置まで来るよりも早くさっさと放り投げれるわけで。動かし出す動作ってのはエッジの進みだす方向と反対に重心ずらしてやれば進みだす、すぐに乗り移ってやらないと落ちちゃうけどね。
意味わかんないよねー、まーいいやー

骨盤左右にずらしてウィールとの位置関係を変える

エッジの入りと出で骨盤を左右にずらしてやるとウィールと重心との位置関係を離したり近づけたりできる。
ウィールと重心を離してウィールの後ろに重心を持ってくると重心と反対側に進ませられるわけだ。 重心とウィールとに位置関係が離れるのがあるのなら最初は近くないといけないわけだ。
これに足首の上下動でウィールの荷重されてる位置をずらしてやったりを組み合わせてやるとうまい具合に進むわけだ。